Browsed by
月別: 2013年6月

従軍慰安婦問題についての決議案否決の経過

従軍慰安婦問題についての決議案否決の経過


「公党の代表である橋下氏の『従軍慰安婦に関する発言』に対する謝罪と撤回を求める決議(案)」を巡る経過を紹介します。(文責 東芝弘明)

この決議案は、全員賛成で決議を上げたいという思いがあったので、福岡議員とも相談して、厚生文教常任委員会に福岡議員から決議案を提出してもらいました。決議案としたのは、橋下徹氏が、公職としては大阪市長なので意見書には馴染まないという判断があったからです。
議会における決議というのは、議会が具体的な課題に対して議会の意思を表明するというものです。拘束力としては、議会による態度表明に留まります。しかし、それは、ホットな問題に対する態度を表明することで、町民に議会の意思をアピールするという意味をもちます。

橋下氏の従軍慰安婦問題の発言について、国に意見書を提出することもできます。その際は、国連の「人権条約に基づく拷問禁止委員会」の日本政府に対する勧告が参考になるでしょう。日本政府は、拷問禁止条約を守る立場に立って、歴史を修正し元慰安婦の方々に対して心的外傷を与え続けていることに反論し、適切な措置を講じることを求めればいいのです。

私たちは、今回、意見書ではなく決議案の可決をめざしました。委員会に提出した決議案は、「維新の会の共同代表である橋下徹大阪市長」と書いていました。この決議案に対して、保守系であるA議員は、「一自治体の市長である橋下氏に対して意見を述べるべきではない」と言って反対しました。私は、この意見に対して、橋下氏による5月13日の記者会見の状況を紹介しました。従軍慰安婦についての発言は、記者が村山談話についての見解を維新の会の代表である橋下氏に求めた中で行われたものです。安倍首相が村山談話の見直しに言及し、侵略戦争の定義は定まっていないという発言をしていたことが、国政の一つの焦点になっていたので、維新の会の共同代表にも見解を求めたというのが、事実経過です。

かつらぎ町議会でこのような議論が起こる背景には、議会の権限がどこまで及ぶのかという守備範囲の問題があります。今回の橋下氏の発言は、事実経過によって、疑問の余地のないものだったので、保守系議員の議論は、事実経過を踏まえない一般論であり、決議と意見書の性格の違いを踏まえていないものだったと思います。

このような経過があったので、本会議に議員提案した決議案には、事実経過を明らかにするために、また保守系議員にも同意してもらえるように大阪市長という肩書きを外した書き方にしました。かつらぎ町議会の状況では、大阪市長という肩書きを入れると、それを理由に合意が形成できないのは、議論の経過から明らかでした。
議会には、さまざまな状況があります。ときには、事実を踏まえない独特の議論が展開されることもあります。事実を確認して、事実を踏まえた議論を私は大切にしています。事実の持つ力によって、議論を組み立て、第三者が聞いていてもよくわかるように心がけていますが、保守系議員の方々が、結論を決めて議論に臨んだときは、議会外から見るときわめておかしな議論が数の力で堂々とまかり通るケースも生まれます。

経過から見て、私たちの議論の組み立てが間違っていたとは思いません。
決議案は、女性の人権を踏みにじる一点に集中して、公党の代表である橋下氏に謝罪と発言の撤回を求めるものになっています。従軍慰安婦の歴史的な評価にも全くふれず、橋下市長に対しては公職からの辞任を求めることもしていません。それは、かつらぎ町議会の保守系議員の動向を踏まえて、一致点を見出す努力だったと思っています。

今回、保守系議員の方々は、「個人的には橋下氏の発言には怒りを感じる」とも語りました。しかし、同時に本会議場でおこなわれた保守系議員の反対討論は、公党の共同代表である橋下氏を批判するのは、公党に対する介入であり越権行為だというものであり、反対の理由はここにありました。ここまでくると、何が何でもこの決議案には反対するという意志を感じざるをえません。

私は、賛成討論では、問われている問題を全面的に明らかにするという観点に立って賛成討論を致しました。この時点では否決されることは明らかだったので、絞り込まれた決議案の立場よりも広くことの本質を明らかにするものにしました。

保守系議員の方々が、決議案に反対した背景には、安倍首相が、一貫して橋下氏の従軍慰安婦の発言に対して、コメントを差し控え、国連の「人権条約に基づく拷問禁止委員会」の勧告に対して対応しないという態度を取っている問題があると思います。自民党総裁である安倍首相が、明確な態度をとっていれば、この決議案は否決されなかったと思います。

私は、従軍慰安婦問題で日本政府がとっている態度の問題が極めて大きいことを改めて感じました。

橋下氏の「従軍慰安婦に関する発言」に対する決議賛成討論

橋下氏の「従軍慰安婦に関する発言」に対する決議賛成討論


公党の代表である橋下氏の「従軍慰安婦に関する発言」に対する
謝罪と撤回を求める決議に対する賛成討論

この決議は、6月25日の本会議で3対8で否決されました。

2013年6月25日

公党の代表である橋下氏の「従軍慰安婦に関する発言」に対する謝罪と撤回を求める決議に対する賛成討論を行います。
橋下徹氏は、5月13日の午前中に行われた記者会見で、従軍慰安婦問題について「あれだけ銃弾の雨、銃弾が雨嵐のごとく飛び交う中で、命かけてそこを走っていくときにね、それはそんな猛者集団といいますか、精神的にも高ぶっている集団はやっぱりどこかでね、まあ休息じゃないけれどもそういうことをさせてあげようと思ったら慰安婦制度っていうものは必要なのはこれは誰だってわかるわけです」と発言しました。この発言は、国内外から強い批判が起こっていますが、氏は今日もなお、自己の発言を撤回せず、謝罪もしないという異常な態度をとっています。

この問題については、5月31日、ついに国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会から日本政府に対する勧告が出されました。この勧告は、「公人による事実の否定、否定の繰り返しによって、再び被害者に心的外傷を与える意図に反論すること」を求めています。勧告は、日本政府が拷問禁止条約の義務を果たしていないと懸念を表明し、「被害者への適切な救済・名誉回復をしていない」「拷問行為の加害者を追訴し裁判にかけていない」「国政および地方の高官や国会議員を含む政治家が、本件事実を公に否定し、被害者に新たな心的外傷を与え続けている」と問題点を指摘しています。その上で、勧告は、「即時かつ効果的な立法的・行政的措置をとるよう」求めています。国連の拷問禁止委員会は、非人道的な取り扱いを禁止する条約を守っているかどうかを審査・勧告する国際人権機関です。

この勧告は極めて重い意味をもつものだと確信します。
ところが、この勧告に対して日本政府は、6月18日、「勧告に従うことを義務づけるものではない」として、勧告には対応しないことを明らかにしました。これによって、日本政府は、橋下徹氏の発言を事実上擁護する立場に立ったと見られても仕方のない状態になりました。

従軍慰安婦問題は、橋下氏が認めているとおり、日本軍が深く関与した制度です。問題は、氏が戦争を肯定し、その上に立って「慰安婦制度っていうものは必要なのは誰だってわかる」と語ったところにあります。
従軍慰安婦になった多くの女性の中には、10代半ばから後半の女性がかなりいました。慰安婦になったプロセスの中に強制連行があったことは、軍の資料でも確認できます。最近、政府はこの資料の存在を認めました。慰安婦は逃げることも許されない性奴隷だったことも明らかであり、暴行、虐待、性病、妊娠、出産、中絶などひどい状態におかれていましたが、日本軍が敗北していく中で、殺害されたり置き去りにされたりしました。
軍関係の多くの資料は焼却されました。資料を消滅させたのは、軍があるところに慰安所を作り、女性を戦場で性的に利用してきたことが、人道に反する恥ずべき行為であることを日本軍が自覚していたからです。
日本軍ほど大規模に慰安所を持っていた軍隊はありません。軍隊が慰安所を持っていた例は、ヒットラードイツにありますが、日本の慰安所は、はるかにその規模を上回ります。

従軍慰安婦の問題を正確に深くとらえるとともに、この問題を考えることは、侵略戦争とは何かを考える上で極めて重要なものになっています。
橋下徹氏は、公党の共同代表であり、日本の国政に深い責任を負っています。氏の慰安婦問題の発言を擁護することは、日本を世界から孤立させるものになり、戦後の世界の出発点、戦後の原点を否定するものになります。
歴史的事実の否定によって元慰安婦の方々に心的外傷を与え、人権を著しく踏みにじるものであり、あの日本が引き起こした戦争を肯定し、慰安婦制度を必要だったというのは、全世界の女性の人権及び男性の人権をも踏みにじるものだといわなければなりません。

6月議会や6月会議が全国で開かれています。この問題で少なくない議会が、発言の撤回と謝罪を求める決議を上げつつあります。海外からは、大阪市の姉妹都市であるサンフランシスコ市が、発言の撤回を求める決議を上げました。
私たちかつらぎ町議会は、当時慰安婦が必要だった、誰だってわかるという立場に立つべきではありません。この決議案に反対する議員がいれば、その方は限りなく橋下氏と同じ立場に立つことになってしまいます。私は議会の名において明確に態度を表明することが必要になっていることを心から訴えるものです。
従軍慰安婦問題で、歴史の事実を次の世代に正しく伝えることは、私たち大人の責任です。「過去に目を閉ざすものは、未来に対して盲目になる」という言葉があります。全世界は、従軍慰安婦問題で歴史を修正することを許しません。この問題は、学術的には評価が定まっています。高校の教科書は、この成果の上に立って歴史を正しく伝えています。
私は、歴史を正しく伝えることが平和な日本をつくる重要な力になると確信します。子どもたちの教育のためにも、橋下氏には謝罪と撤回を求めるべきだということを最後に訴えて私の賛成討論といたします。

東芝弘明 自己紹介

東芝弘明 自己紹介


tosiba

東芝弘明
1960年生まれ。
誕生日:2月19日 56歳。
かつらぎ町の新城で育ったので山と川で遊んでいました。
新城小学校から笠田中学校、笠田高校をへて和歌山大学経済短期大学に入学。大学に入る前に日本共産党に入党。18歳でした。
入党してから哲学と経済学に感銘を受けました。
18歳から22歳まで4年間、和歌山市で生活していました。
20歳の時に大学に行きながら日本民主青年同盟和歌山地区委員会に勤務。
22歳で大学を卒業。
22歳の6月、かつらぎ町にもどり、23歳の1月から日本共産党紀北地区委員会に勤務。

30歳のときに先輩議員が引退したので、町議会議員に立候補して当選。
議員歴26年、現在7期目です。
議員になってから数多くのことを学び、さまざまな分野に視野が広がりました。
議員になったときはまだ独身でした。結婚は34歳。

本と映画好き。文章を書くのが趣味。27歳の時にパソコンを購入。パソコン歴は29年。
37歳の時にMacに乗り換えて、趣味にMacintoshが加わりました。最近NikonD5300を購入。カメラも趣味に?
中学校、高校時代の同級生も多く、ふるさとに住み続ける良さを感じています。
人生は一度きり。仕事を楽しく、苦労を楽しく。そう考えています。
家族は妻と娘。娘は受験生。現代社会を受験科目に選択しているので政治談義が増えています。

宮井健次 自己紹介

宮井健次 自己紹介


miyai

1950年生まれ
誕生日:11月27日 65歳。

妙寺で生まれ、妙寺中学、伊都高校、立命館大学文学部へと進学。
大学は1975年に中退しています。
1990年7月にかつらぎ町議会議員選挙に立候補し初当選
以来、6期24年議員を務めてきました。
現在7期目で議員歴はもうすぐ26年になります。
趣味 読書、スポーツ観戦
本を読むことは一種のライフワーク。ジャンルは問わない。

好きな作家は天童荒太。
興味のある分野は教育です。
性格は、慎重にして黙考型です。 物事の本質は何かを見極めるよう心がけています。
健康に留意して毎日歩いています。
家族は妻、息子、娘